【GRE前日に必読!】GRE初回受験で分かった4つの注意事項

f:id:Riz0524:20170807001959j:plain

だいぶ更新が滞ってしまいましたが、7月23日にとうとうGREの本番を受けてきました、、!!

今回、はじめてGREを受験してみて当日経験するまで分からなかったことが色々あったので、ここで、GREを受ける前に知ってほしい4つの心得をご共有させて頂きたいと思います!

 その1:当日の流れ

私はプロメトリックという会社が運営している会場(東京)で受けました。
その会場では就活生用のSPIとか、他のテストもやっているようで、かなり綺麗な会場でした!
新御茶ノ水駅からも直結で、場所はかなりわかりやすかったので、試験開始時間の45分前位に駅についておけば十分間に合いました〇

会場に到着した後の流れは以下の通りです。

①受付でパスポートの確認を受ける。

②宣誓書(TOEFLとかでも書かされるもので、テストの複製とかしませんよ~的な文章を手書きで写す+署名)を書く。

③ロッカーに荷物を預ける。(パスポート以外全部収納します)

④名前を呼ばれ、ボディーチェックを受ける。(ポケットを裏返しにして何も入っていないところを見せる+金属探知機によるチェック)

⑤説明を受け、入室

その2:午前受験の人は食べ物を持っていくべし!

GREは約4時間の長丁場ということで、10時に試験が始まった場合は14時過ぎまでかかってしまいます。
朝ごはんをしっかりめに食べてもお腹が減りますし、お腹がすくと集中力が持たない!ということで、午前にテスト開始の方はおにぎりやソイジョイなど、手軽に食べれるものを持っていくことをお勧めします!

試験部屋にはパスポート以外の荷物は何も持って入れないので、もちろん飲み物や食べ物も持って入れないのですが、途中の10分間の休憩の際に飲食物はロッカーから出すことが出来るので(参考書・携帯などは禁止)、ササッと食べて部屋に戻りましょう。

ちなみにお茶等飲み物はロッカーの上に置いている人もたくさんいました。
私は休憩の時に「こんな技があったのか…!」と衝撃を受けたのですが笑

その3:持ち物に薄手のカーディガン/パーカーを!

特に夏場はクーラーがかなり効いています。はおりものは必需品です!
寒がりな人は靴下も履いて行った方がいいかも。
ジャケットはNGとされているので、カーディガン/パーカーが良いと思います!

その4:休憩はギリギリまで使うべし!

これは私自身の反省で、10分の休憩時間をもっとたっぷり使って休むべきだったと思います。。
私の場合、急いでトイレに行き、おにぎりを何口か食べ、そそくさとテスト部屋に戻りましたが、部屋に戻るときにあと〇分残っていますが、すぐにテストを再開されますか?と聞かれました。

私は「はい」と言ってすぐに再開してしまったのですが、

「ちゃんと休めばよかったー・・・・」

Verbal やMathの4こめ以降になってくると本当に疲れてきて集中力も低下していくので、相当体力&集中力に自信のある方以外はギリギリまで休んでおく方がいいのかな~という気がしました。

以上、GRE初回受験で分かった試験当日の心得をご紹介させて頂きました。
結果はあと数日でOfficialスコアが分かりますのでまたご報告します。

当日確認した限り、あんまりよくないです(:O;)

次は8月末のIELTS(2回目)だ~~~~

(2017/8/7 追記)

GREの結果が発表されました!
以下の記事で私のスコアを公表しています。 

rizlife.hatenablog.com