【海外大学院への留学準備】大学院合格までにかかった費用を公開します!

f:id:Riz0524:20180206083252j:image
こんにちは。大学院留学を準備するにあたって気になるのが予備校や出願料などの費用ではないでしょうか。

そこで今回は私が大学院留学準備開始~合格に至るまでにかかった費用を公開いたします!

私の留学準備の基本情報

なお、これまでのポストでも紹介していますが、私の準備の進め方は以下の通りです。

***

  • エッセイ:有料カウンセリング&有料添削をお願い

rizlife.hatenablog.com

  • GRE:Magooshというオンラインサービスを使って独学 

rizlife.hatenablog.com

  • IELTS:独学+Speakingはオンライン英会話で集中的に練習

rizlife.hatenablog.com

  • 出願:アメリカは自力+イギリスは某大手予備校の無料出願サービスを利用

rizlife.hatenablog.com

***

どこで有料サービスを使うかは、自分の予算や準備に使える時間、ニーズなどによるかと思います。

私の場合は、あまり使えるお金もないので、出来るところはなるべく自力でやりつつ、苦手だったり、自力だけでは難しいと思ったりするところ(=エッセイやSpeaking)で有料サービスを使いました。

 

大学院合格までいくらかかった?

では、本題の費用について紹介していきます。

エッセイ関連:計299,540円

内訳

  • カウンセリング: 260,000円
  • 添削費用:奨学金用エッセイ(12,000円)+SOP(9,000円)+CV(12,000円)=計33,000円
  • ネイティブチェック費用:1,296円*2回+3948円=計6,540円

 

IELS関連:計68,762円

内訳

  • IELTS受験:12,690円(半額会社補助)*2回=計25,380円
  • IELTS結果追加郵送:2,700円*2回=計5,400円
  • IELTSテキスト①:2,990円
  • IELTSテキスト②:2,592円
  • IELTSテキスト③:0円(先輩にもらう)
  • Speaking対策(Best Teacher):16,200円*2ケ月=計32,400円

 

GRE関連:計65,123円

内訳

  • GREフラッシュカード:2,159円←ほぼ使わず
  • GREテキスト:0円(友達にもらう)
  • Magoosh登録料(6ヶ月):13,489円
  • GRE受験:205ドル*2回(23,071円+23,404円=46,475円)
  • Iknow登録料:1,500円*2ケ月=3,000円

 

その他参考書:計1,952円

内訳

  • 参考書研究計画書の書き方:1,500円←ほぼ使わず
  • 参考書大学院留学のすべて:452円

 

出願関連:計49,231円

内訳

  • WES代金:249ドル(28,428円)
  • 大学院受験料:10,420円(イリノイ)+10,383円(テキサス)
  • BEO無料出願サービス:0円

 

合計:484,608円

 

節約できるとことはしたつもりでしたが、改めて計算したら結構かかってました…(TOT)(TOT)(TOT)!!!!!!!!!!!

でも「ほぼ使わず」って書いてあるもの以外は活用したり、必須だったりしたので致し方ないです…

ここに入っていない経費としては、奨学金やカウンセリングの面接会場への交通費、各種郵送代(奨学金申請書類は書留で送ったりするので)、推薦状を依頼させて頂いた方にお渡ししたお菓子代くらいかなと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。カウンセリング費用が大きかったとはいえ思ったよりかかってましたね……

私は、もし勉強したいことが定まっていたら、社会人を経ずに大学院に直接行くのも全然よいのではと思っている人ですが、社会人として働いていたからこそ両親に負担をかけずにこうした費用を捻出できたのでそれはよかったと思います、、

 

そして、ひとつお伝えしたいのは、この費用はあくまで私が大学院に合格するために必要だと個人的に考えて支出した費用ということです!

なので、これよりも多くお金をかけている人もいればこんなにかけずに合格する人もいます。このお金が出せないから諦めるとか、そんな必要は全く無いと思っていますし、様々な工夫でもっと安く済ませることもできると思います!

悪しからずご理解頂けますと幸いです。

 

【海外大学院への留学準備(GRE編)】GRE目標点から対策までこれまでの記事まとめました!

f:id:Riz0524:20180130202723j:image

こんにちは!ブログを始めて以来、(特にアメリカ)大学院留学に欠かせないGREについて、これまで様々な記事を書いてきました。

そこで今回はこれまでのGRE記事をまとめて掲載したいと思います。みなさまのお役に立てばうれしいです!

GRE概要・目標点

rizlife.hatenablog.com

GRE勉強法(Math)

rizlife.hatenablog.com

GRE勉強法(Writing)

rizlife.hatenablog.com

当日の注意点

rizlife.hatenablog.com

スコア

rizlife.hatenablog.com

rizlife.hatenablog.com

ETSへの登録&テスト申し込み

rizlife.hatenablog.com

rizlife.hatenablog.com

とはいえ、お伝えしたいことは、304点でも合格できたので、多少スコアが低くても諦めないで!ってことかもしれません、、!笑

様々な種類の記事を書いていますので、何かしらの形でお役に立てばうれしいです♪

「無いもの」ではなく「有るもの」を見ること

f:id:Riz0524:20180126084636j:image

もうすぐ平昌オリンピックですね。リオオリンピックからもうそんなにたったかと思うと恐ろしさしかないですが、その時にnoteで書かせて頂いた記事をすこし修正の上こちらに再掲します。

 

*************

ここ最近、パラリンピックを見ながら、無意識のうちに選手たちの「無いもの」を見てしまう自分とそう思うことは非常に失礼だ、人としてどうなんだ、そんな自分はおかしいのではないかという気持ちの板挟みで苦しかった。


私は小学生の時に構音障害(ひらがなのいくつかの音が上手く発音できなかった)でしばらく通級指導に通っており、それもあって卒論では日本のODAにおける障害児教育をテーマにしていました。

にもかかわらず、今更こんな感情が出てくるとは自分でも?なのだけれども、出てきたものはもうどうしようもないので、これを機に考えたことを整理してみようと思います。

 

なぜ、パラリンピアンの「障害」に目がいくのか、それは私自身がいつも自分の「無いもの」ばかりを見ていたからなのかもしれません。

人によって「有るもの」は違って、でもその「有るもの」をどれくらい必死で最大限使うのか、大事なのはそこのはずなのに。

オリンピックのアスリートを見て多くの人が共感し応援しやすいのは、「有るもの」が我々と同じ(ではないのだろうがそのように見えやすい)からで、パラリンピック選手をみる目線はそもそも「想像」の上に成り立っているが故に、簡単に「大変そう」「可哀想」という方向に流されがちになります。

けれど、それに流されずにパラリンピックに出場している選手を見てみると、一アスリートとして「有るもの」を最大限に使って高みを目指していることが私たちにもわかります。

 

私は将来子どもに関わる分野の仕事がしたいと思っていますが、そうした分野から考えてみると、私たち(少なくとも私)のこれまで受けてきた教育も、「無いもの」に目を向けがちだった気がします。

「~ができるAちゃんは本当に優秀だ、それに比べて私は…」のような。
勿論競争は悪いことではないと思います。パラリンピックも競争だし。

ただ、教育の目的のひとつは今「自分が」出来ない/分からないことが出来る/自分なりに解釈出来るようになること、それを積み重ねて子どもたちが自分の「有るもの」に気づき、それからの人生を生きていくための力を身につけてもらうことだと思うのです。

 

これから生きていくなかでも、仕事をしていくなかでも、「有るもの」をしっかりと見ることができるひとになりたいと思います。

長くなってしまったけれどそんなことを思ったのでした。
今晩からは少し違う気持ちでパラリンピックが見れるかもしれません。

*************

【国際協力(教育開発)の大学院進学/新卒入社したい人へ】先輩・師匠とのつながりを大切に

f:id:Riz0524:20180125195614j:image

国際協力のキャリアを進む上で感じたこと

私は大学時代教育開発の勉強⇒国際NGOインターン⇒開発コンサルに学部新卒で入社⇒アメリカの教育大学院進学(予定)という感じのキャリアを現在歩んでいます。夢に向かってまっすぐ進んでいてすごいね、と言ってくれる人もいますし、大学院入試ではそう見えるように(笑)書いたのですが、実際には、壁にぶつかったり、迷走したり、迷走したりしながら、結局もともと学んでいた教育分野をさらに深めたいという風になんとか落ちつくことが出来た、という感じです。

そして、私がこのようになんとか前に進めてこれたのも、先輩・師匠(と陰で勝手によんでいますが、メンター的存在の方々です笑)のおかげだと思っています。

例えば、

  • 国際NGOでのインターン→参加した国連フォーラムのスタディープログラム(リンク以下に貼りますね)でご一緒させて頂いた方からのご紹介

www.unforum.org

  • 開発コンサル就活→学部時代の先輩で同業界の方から、コンサルの仕事内容や特徴など教えて頂き、なんとか合格
  • 大学院出願→プロジェクトでご一緒した師匠が日本の学校にたくさん連れていって下さったり、様々な本を推薦してくださったおかげで研究したいことが確定。エッセイ・推薦状にも活用。

などなど。。書いてみたら本当にきりがないことが改めてわかりました…ご自身もお忙しい方ばかりの中、沢山助けて頂いたことに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

このように、先輩や師匠との繋がりから、実際のポストを得ることに繋がったり、自分の目標を明確にする機会を頂いたりすることはこの業界ではよく聞く気がします。

実際、国際協力や教育開発の業界は本当に小さいので、普通のビジネス業界と異なりキャリアに関してウェブや書籍で入手できる情報は非常に限られていると思います。国際協力業界のキャリアセミナー等ではよく「コネが大事だよ~」といわれると思いますが、こういう意味も含んでそう言ってるのかもしれません。

国際協力の業界で働きたい人へおすすめしたいこと

なので、国際協力業界で働きたい、進学したいという方は、まずはこういった方に(できれば個人的に)話を聞く、そういう繋がりがない方は繋がれる場に沢山行く、ということをお勧めしたいです。特に日本・現地限らず、インターン、宿泊型のセミナー、飲み会付(←これ実は大事w)の勉強会等は私も何度も参加したことがありますが、参加者(+運営側)の対話が多いので、お勧めです。

手前味噌になりますが、私が幹事として参加させて頂いている国連フォーラムのメーリングリストでは色々な情報が流れてきますので、よろしければ是非フォローしてみて下さい!

そして、こうした機会を沢山作ることに加えて、更におすすめしたいのは、インターンやセミナー運営などに関わり、一緒に何かをすることです。というのも、この「繋がり(≒コネ)」というのは単に一度一緒にご飯を食べたり、セミナーで隣の席に座ったりするだけではなかなか築くことが難しいのではと個人的には思っているからです。(もちろんそれですごく仲良くなれる場合もあるとは思います!)そしてその中で、腹を割って話せるくらい仲良くなったり、積極的に話を聞きまくったり、何とか頑張って、「この子になら紹介したいな」と思ってもらったりすることが、自分の更なる学びに繋がってくるのではないかなと思います。

長くなってしまいましたが、これからはこれまでは助けて頂くばかりだった私も、今後国際協力のキャリアを歩まれる方のお手伝いが少しでもできたらと思っています。このブログもその一助になればうれしいです。

【半年で合格したい独学の方必見!】保育士試験おすすめ参考書&勉強法(筆記編)

保育士試験にむけて独学で勉強するにあたり、参考書選びに迷われる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、私が実際に使った保育士試験の参考書をご紹介します。これらの参考書にお世話になって、私は半年間の独学で保育士試験に合格することが出来ました!

これから保育士試験を受験する方のお役に立てば嬉しいです。

導入としても辞書としても使える!メイン参考書

  • 2017年版 試験対策のプロが書いた! 保育士合格テキスト&問題集 上下巻
2017年版 試験対策のプロが書いた! 保育士合格テキスト&問題集 上巻

2017年版 試験対策のプロが書いた! 保育士合格テキスト&問題集 上巻

 

 メインの参考書としてはこちらを使用させて頂きました。私が使ったのは2016年版ですが、各年度の最新版を購入してくださいね!こうした参考書は沢山出ていて、個人によってフォントや行間の好みも色々かと思いますので、実際に本屋さんに行ってみて気に入ったものを選ぶのが一番だと思います!

私はこの参考書をぱらぱら~っと見て読みやすいなーと思って買いましたが、実際に使ってみると、各項目&章で確認問題がついていたり、別冊で保育所保育指針全文や法令のまとめ等がついていたのでかなりよかったです!

使い方としては、各章を読みながら分からないところが出てきたら調べて書き込みつつ、確認問題を解いていきました。その時に、全部を暗記しようとする必要はありません!覚えようとするとなかなか先に進まずストレスがたまりますし、文章を理解する方が大事かなと思うので、着々と次に進む方が良いと思います!

その後一問一答や、過去問等を解く中でも分からない事項が出てきたら随時このメイン参考書に戻って確認や書き込みをするようにしました。使っていく中で、メイン参考書が辞書のようになっていくイメージです♪

心からおすすめしたい!一問一答問題集

  • (アプリ)一問一答 『保育士 2017年版』 問題集

ユーキャンの資格アプリシリーズ

ユーキャンのこの」アプリは本当に本当に本当におすすめです!!!!!

これがなかったら受かってなかったと思います…本気で…

1,080円とアプリとしては割高なのですが、実際に本で一問一答を買うよりは安かったと思いますし、コスパ高いので全然損はしない内容でした!

しかし、2018年1月15日現在ですと2018年版は出ていないようですね。。Twitterで見ると、2017年度版で勉強されている方もいるようなので、2018年度版も登場すると良いのですが…><

私はこれを通勤時や、ちょっとした隙間時間に何度も解く様にしました!クイズ形式なので、間違っても気にせずにどんどん進みます。何か月もずっと解いていると、だんだん頭に入ってくるようになりましたよ!

 

  • 福祉教科書 保育士出る! 出る! 一問一答
福祉教科書 保育士出る! 出る! 一問一答 第3版

福祉教科書 保育士出る! 出る! 一問一答 第3版

 

 これはユーキャンのアプリの問題を大体覚えてしまったので、別の問題を解くためにラスト1~2ヶ月くらいの時に追加で購入しました。上のメインの参考書やユーキャンのアプリとはまた違った問題が出てくるので、良かったです!

違った問題を解く目的で買っているので、もし私のように2冊目の一問一答(または問題集)を購入される方がいらっしゃれば、メイン参考書や1冊目の一問一答とは違う出版社のものを選ぶのがオススメです!同じ出版社からのものだと問題が被ることも多いので…

頑張って挑戦!模試集

  • 保育士試験完全予想模試〈’17年版〉
保育士試験完全予想模試〈’17年版〉

保育士試験完全予想模試〈’17年版〉

 

 メイン参考書と一問一答を大体終えてからは過去問や模試を解く段階に入りました。過去問は保養協のホームページからダウンロードできますし、解説もネットで検索すると割と出てくるのでハードコピーのものを購入することはしませんでした。なお、保育士試験の勉強をまだ始める前の方はまずこの過去問を全科目1年分解いてみると、大体試験がどんな感じなのかが分かるのでおすすめです!

過去問はこちらからダウンロードできます↓

hoyokyo.or.jp

一方、模試の方は色々なブログを読んでおすすめされていたこちらの問題集を購入しました。過去問よりも難易度が高い(気がする)ので、結構間違えるのですがあまり落ち込まないことが重要かと思います・・・(汗

丁寧な解説もついているので、時間を測って解きつつ、復習をしっかりするようにしました。

その他おすすめ参考書

  • たべることがめちゃくちゃ楽しくなる! 栄養素キャラクター図鑑

 栄養素の問題が苦手な方に超おすすめな絵本です!

保育士試験用に書かれたものではないのですが、保育士試験に出てくる栄養素は大体網羅されているかと思います。それぞれの栄養素がキャラクターになって描かれているので、栄養素の暗記に苦しんでいた私もたのしく覚えることが出来ました♪

 

  • 2017年版 U-CANの保育士 はじめてレッスン (ユーキャンの資格試験シリーズ) (ユーキャン 保育士試験研究会)
2017年版 U-CANの保育士 はじめてレッスン (ユーキャンの資格試験シリーズ)

2017年版 U-CANの保育士 はじめてレッスン (ユーキャンの資格試験シリーズ)

 

 こちらは保育士試験を受けてみようかまだ迷っている時に、保育士試験ってどんな感じかな~と思い購入しました。その目的には非常に適った本ではありましたが、既に受験を決めていらっしゃる方にとっては必要ないかな、と思いました。(メイン参考書としては内容が少なすぎる為)

過去問を試しに解いてみる時間がなく、手早く保育士試験の概要を知りたいという方には良いかもしれないです。

まとめ

以上が私が保育士試験で実際に使用した参考書になります!筆記ではこれ以外に参考書は購入しませんでしたが(あまりお金もないので…参考書の費用も馬鹿になりませんよね、、)、十分だったように感じました!(というか時間切れでこれ以上は解けませんでした…)

ちなみに、ネットにも練習問題や解説、その他様々な情報等沢山載っているので、ぜひ活用してみて下さい!過去におすすめブログをまとめていますので合わせてご覧いただけたら嬉しいです↓

rizlife.hatenablog.com

 

【海外大学院への留学準備(GRE編)】GRE 数学独学対策におすすめ!Magoosh活用法

f:id:Riz0524:20180107115753j:plain

こんにちは。アメリカの大学院に進学したいと思ったとき、まず立ちはだかる壁=GREです…GREのMathはアジア人有利と言われており、満点取れる、という声もブログなどでは多く聞かれます。

が、私のようなルートってなんだっけ………??レベルの文系人間からすれば、160点代もそこそこ高い壁でした。。

そこで今回は私がGREの数学対策で何をやったかをご紹介できればと思います!Writingについては以下の記事をご参照ください♪

rizlife.hatenablog.com

Math対策はMagoosh一択!

Mathの勉強にはこれまでもブログでご紹介してきたMagooshのみを使用しました。無料お試しを使ってみてとてもよかったので登録しましたが、Math対策はこれで十分でした!!気になる方は以下のリンクからどうぞ↓

※2018年1月7日現在20%オフ中みたいです!Magooshはよくこういうキャンペーンを行っているので、登録はキャンペーン中にした方がお得かも(笑)

gre.magoosh.com

Magooshは、①1か月129ドル、②半年149ドルの2種類の登録パターンがありますが、値段的にも断然②がおすすめです。

 

私のMagoosh活用法

その1:無料お試しでGRE概要をつかむ

どんなサイトでも合う、合わないがあると思いますので、まずは1週間の無料お試しをやってみることがオススメです。

無料お試し期間にはGREの概要についてのビデオが見られるので、私はそれを一通り見てGREの概要を把握しました。

ちなみに、無料体験をしてた時の記事は以下になります。

rizlife.hatenablog.com

 

その2:本番のように問題を解く

ビデオを見て大体の様子が分かったら、とにかく問題を解きます!

解き方については、35分20問という本番通りの解き方をするのがオススメです。私もはじめは1日〇問という目標を立てて解いていたのですが、その後時間を測ってやってみたところ全然時間が足りず焦りまくることに…

そこでCustomise機能を使って本番のように問題を解くようにしました。これに慣れておくと、本番も焦らずに済むと思いますし、勉強のメリハリもついて良いかと思います。

また、Magooshでは練習問題がMath、Verbal合わせて1000問以上掲載されており、一つひとつに解答解説とそのビデオが入っています。

ビデオはわかりやすいですし、疲れた頭には読むより話してくれた方が楽(笑)なのですが、解説者の話す英語が少し速いときもあるので、ビデオを見てもよくわからない時は解説文を読んで確認するようにしていました。

 

その3:単語帳をつくる

②で問題を解く中で、数学に関する英単語がたくさん出てくると思います。数学用語を覚えないと問題が読めないので、これを覚えることは超重要です!

私はありがたくもアメリカの博士課程に進学した友人がアゴスの参考書http://amzn.asia/90NKyPKと彼のまとめた単語リストをくれたので、このふたつを基に単語帳を作成しつつ、問題を解く中で出てきた知らない単語を適宜追加し、通勤の際などに覚えるようにしました。

Magooshでは無料で使えるMathの単語帳もあるので、他のブログではこちらを使われている方もいるようでした。

 

その4:復習する

②で紹介したCutomise機能を活用して間違った問題の復習を行いました。②の問題を解くときには基本的には「Adaptive」(問題の成否に沿って出てくる問題のレベルが変わる)かつ「未解答」の設定で解いていましたが、復習の際には間違った問題だけ出てくるように設定して問題を解いたりしました。

また、正解したけど後で解き直したい問題については、flagを付けておくとその問題を後で解きなおすこともできますのでオススメです。

 

その5:模試を解く

MagooshではVerbalと併せて模試を解くことが出来、結果に合わせて点数も出してくれます。(スコアの精度は、少し高めに出るかもですが、割と高いと思います。)

直前になったら、この模試を2~3回解きました。GREは本当に長丁場である意味体力勝負のテストなので、模試で慣れておくことは大事だと思います!

 

まとめ

上記のような勉強を続けた結果、私は1回目159点、2回目162点を取ることができました。満点にはほど遠かったですが、教育学専攻では目指せ160以上、とカウンセラーには言われていたのでなんとか独学で到達できたことになります。

私はGREの対策予備校に通ったことはありませんが、通う時間の無い方やお金を節約したい方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

この記事がこれからGREと闘う方の参考に少しでもなればうれしいです。

【海外大学院への出願結果】ペンシルベニア大学に合格しました!!

f:id:Riz0524:20180125194632j:image
12月2日(日本時間)に提出したUniversity of Pennsylvania Graduate School of Education International Educational Development Programから12月22日に合格通知を頂きました!!

そしてその通知に、大学から5,000ドルの奨学金を頂けることになったのお知らせも…有難い…まだ合否の出ていない学校もありますが、こちらに進学するつもりでいます。

GRE304点でも受かったよ…(TOT)2回目のGREの結果はこちら↓

rizlife.hatenablog.com

素晴らしい環境で来年から教育、教育開発についてがっつり勉強できることがとてもうれしく、わくわくするとともに、沢山の方々にサポートいただきながら目標へ向かってまた一歩歩みを進められたということで気が引き締まるような思いでいます。もちろん不安もありますが。。(特に英語とお金…)

これで長かった留学準備生活も本当にあと奨学金いくつかを残すばかりとなり、まだ気は抜けませんが、本当に嬉しいです(TOT)

これからも大学院アプライ関連含め、色々と発信していきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します!!

トップの画像はフィラデルフィアの街並み!