GRE申し込みました

先日、ETSの登録をしたという記事を書かせていただきましたが、ようやく試験の申し込みをしました!

試験日は7/23(日)です。次の週がよかったけどもう空いてなかった、、(驚

これでおしりに火をつけてがんばります👍👍

ちなみに、申し込みに必要なのは以下の書類。

①身分証明書(パスポートなど(詳しくはホームページ参照。IELTSみたいに送付する必要はないけど、登録の名前等と必ず一致する必要がある)

②クレジットカード

 

IELTSの申し込みがかなり手間がかかったのに比べるとすんなり予約できました♪

 申し込みはここから

https://www.ets.org/gre/

 

さてさてがんばろう

留学先の教授にメールを出すの巻

先日、師匠に留学の相談をした際、私(教室で質的研究をしたい)の場合、重要なのは、先生が(学生を連れていける)現場を持っているか、そういったネットワークを築いているか、だとご教示いただきました。返事返ってこない可能性もあるけど、とにかくメールを送ってみた方が良い!!と言われたので、戦々恐々としながらメールを出してみました。。。返ってくるかな。。。

 

メールを書く際に参考にさせて頂いたブログは以下の通りです

→Phdのアプライの際の例文を掲載してくださっています。こちらをアレンジしてお送りしました。

→こちらも参考にしました。

 

自己紹介や、研究したい内容、何故アプライしたいかなどを書くべし、という記事もあったのですが、あまり長く書いても読んでもらえないかなというのと、研究したい内容がかっちり固まっている訳でもないので、かなりシンプル+短めの文章にしました。(私の場合は教授に覚えてもらうというよりも、教授が実際現場を持っているか知りたい、という方が目的だったというのもあります)

今現在で3通出しましたがもう少し出してみる予定です。

後日どのくらい返ってきたか報告します。。。

留学無料サポートに申し込みました

イギリス併願説が濃厚になってきたので、某大手留学業者(アルファベット3文字の方)の無料カウンセリングを受けてきました!

目的は職場の先輩が利用していて、教えてもらった無料サポートサービスに申し込むこと。デポジットで支払うお金があるのですが、アメリカに進学してもサービスは適用可ということで一安心しました!!(2017年6月3日現在)

具体的には以下のようなサービスが受けられるそうです。想像以上の充実っぷりで驚きでした。

  • メンバーサイトの利用(過去に実際に合格した方の志望動機書や推薦状等を見られるそう)
  • 学校・コース案内
  • 志望動機書・履歴書の英語添削(1回)
  • 出願書類提出代行

特に、メンバーサイトが使えるのと出願書類を代行して頂けるのはとてもありがたいですね、、アメリカもあればいいのに、、

ネットで検索すると、「有料サービスを強く勧められる」という口コミが結構見られたのですが、今日の無料サポートではそんなことはなく、こちらのアメリカと併願したいという意向もくんでくださり、とても感じがよかったです。

早速来週、「志望動機書」の作成セミナーがあるそうなので参加してきます。今お願いしている有料カウンセラーの方は、どちらかというと私の経歴を踏まえてストーリーを一緒に作ってくださるタイプの方なので、具体的な文章の構成とかはこちらの無料サポートの方で学びたいと思っています。

GRE本格始動、まずは2ヶ月

以前無料体験をやって、そのまま放置、、、となっていたMagooshの6カ月コースに申し込み、GREを本気でやりはじめることにしました。

20%オフキャンペーン中でお得でしたよ~\(^o^)/

第一回は、勉強がどのくらい進んでようが7月に受けます。(決意)

 

取り敢えず6月の作戦としては、

①平日の朝活時間に、magooshのVocabulary練習問題&mikan(無料単語アプリです)のGRE単語をやる

②週末はmagooshのビデオで傾向の研究&数学の練習問題を解く

③(6月末に再度、カウンセラーの方に見ていただく機会があるので)夜の時間は志望理由書作りに使う

ということでやってみたいと思います‼様子を見て7月の勉強方法は考えます、、

 

単語を覚えるのか苦手過ぎてどうしようという感じですが、、、取り敢えずやるしかないのでやります!

 

 

 

学びたい!

突然ですが学びたい欲が半端ないです。(笑)

何を?

 

障害児教育&政策(大学卒論)

幼児教育・保育(保育士試験)

緊急下の教育(最近)

と、これまで色々興味が拡散(迷走)していましたが、そしてこれらのトピックには相変わらず関心もあるのですが、最近行かせて頂いている学校見学等を通して、ずっと考えてきた「何を専門にし、何を学びたいか」が少しずつ見えてきました。

 

プロフィールにも書いているのですが、私は自分のライフミッションを、「どこでどんな状況下に生まれたとしても、すべての子どもが権利を保障され、希望をもって学び、育つことができる社会」に貢献すること、と考えています。今は、それを、

すべてのこどもが「まなぶ」教室/場所をつくる

ことによって実現したいと思っています。

それは私のこれまでの関心だった、貧困、紛争、災害後の学校における教育がどのように子どもたちや地域をempowerするか、にも相互的に関わってくると思います。

 

そしてどうやってすべてのこどもが「まなぶ」教室/場所をつくるのか。

子どもの学びを支援するリソースは、①仲間、②先生、③教材、④課題の4つがあるとこないだある方から教わりました。私は特に①と②に関心があります。細かいところはまだまだ漠然としていて詰められていません、、、、これを詰めるヒントをもっともっと勉強したい、吸収したい。タイトルはその表れですw

 

加えて、私は、数字はもちろん大切だと思いつつ、数字から漏れることも見たい、と感じています。そうでなければ、数字から漏れる人達のまなびは保証できないと思うからです。なので質的研究(エスノグラフィーなどなど)にとても関心があります。

 

ともあれ、色々なご縁から少しずつやりたいことが見えてきました。これを学部の時から勉強できてたらな・・・と(社会人になったからこれらの事に関心を持てたにもかかわらず)ついつい思ってしまったりもしますし、残された時間が潤沢にあるわけでもありませんが、出願までに少しでもやりたいことをより明確にできる様、貪欲にやっていきたいと思います。

 

師匠いわく「大切なのはネットワークを広げて色んな人の話を聞くこと!」だそうです。勇気をもって飛び込んでいきます。がんばろ

昨日のごはんでわかったこと

昨日のごはんでわかったことを書いておきます。

やりたいこと

  • やりたいのは数字から漏れることを見ること。漏れる人をどうやって少なくするか。どうやって全員の学びを保障するか。
  • 好きなこと、得意なこと、やりたいことが一致したら幸せだけれど、そうとは限らない。私の場合、教育、という成果がなかなかすぐには出てきづらいことに関心があるわけだけれど、そんな根気がないかもしれないわけで。でもやってみないと分からないし、もし根気がなかったとしても、他のアプローチを探して、私にあった教育へのかかわり方を見つけていきたいと思う。それくらいに、このテーマには一生かけて関わっていきたいと思っている。

発信することの大切さ

  • よく、一つの事に向かって突き進んでいてすごいね、と言われるけれど、全然そんなことはなかった(今もない)。超迷走してきた(してる)し、学生時代も、今やりたいことと直接関係しないことって本当にたくさんしたと思う。けれど、教育を通して子ども達がひとしく学んで成長できる社会をつくりたい、という「軸」は、社会人になって、(きっと白い目で見られることもあったと思うけど)「~に関心があります」と色々な所で公言して、仕事を積極的に取っていって、それをだれかが見てくれていて、機会を与えて下さって、徐々に見つかってきた。全然先が見えなくても、全然成果が出ていなくても、今の自分が思い描いていること、やりたいことを発信することは大切だと思う。(全く何も行動しないで口ばっかりで言っているのは信用を無くすので、それはまた別の話。)

自分の考えは人との対話の中で見えてくる

  • 上にかいてあることは、きっと自分の中のどこかにはあったことだと思うけれど、対話の中ではじめて言葉にできて、はっきりわかってきたこと。そういう対話は楽なことばかりじゃない。それでも、わかりたい、わかってほしいと思える人と一生懸命話して、はじめて見えてくるものがある。わかりたい、わかってほしいと思える人というのが大事なのであって、何故かというと、意見が違う人の場合、そのくらいに思えるひとじゃないと本気で話さないし、聞かないから。(勿論、異なるバックグラウンドや考えの様々な人に会ってコミュニケーションをとることもまた大事。)

こんな話をイタリアン食べながら激論したのでした(笑)

 

大学院留学用志望理由書準備中・・・だけれども

今日は1日中大学院アプライの際に使用する志望理由書を練ったり練らなかったりしていました。。

先日カウンセラーさんとの面談で、エクセルシート等を使って自分のこれまでの人生やキャリアを振り返り、ストーリーを作っていただいたのでその文字おこし・・・のつもりでしたが、

これが意外と難しい。

作文は割と得意な方なので、何故かな~と思いましたが、やはり自分ではない方に作っていただいたストーリーをそのまま膨らませて文章化すると自分の実際に考えていることに対して違和感があってはかどらない&私には自分に合う構造を作ってから文章を書く方が向いている、ということではないかと。

というわけで、カウンセラーさんに手伝って頂いたプロセスや、検索で見つけた先人の皆様のブログを参考にしながら自分なりに構造を練り直して文章化しました。

それでもつまづくのが、

「大学院で何を研究したいか」っていう一番大事な所!!(^o^;;)

少なくとも、途上国で、初等or幼児教育対象に、質的研究がしたい、ってところまでは決まっているのですが、緊急支援にも関心があるのと、質的研究っていってもどこらへんのだよ!!っていう詳細がぼや~~~~っとしているのでかけないんですね、、、

しかもそれを自分のこれまでのキャリアと繋げるとなると、自分の純粋に関心がある分野よりもつなげやすい分野を取りあえず書いた方が良いのかしら、、と思ってしまったり・・・

書き始めたばかりなので当たり前の話ですが、まだまだ仕上がりそうにありません。